今朝の新聞。
まず右側の「新幹線殺傷事件」。
この事件に限らずだけど、こういう事件って「誰でもよかった」って言いながらしっかり襲う人を選んでるんだよね。
新幹線乗っている人なんて割合から言ったら絶対男性の方が多いはず。でも襲ったのは女性(それを守ろうとして男性が犠牲になりましたが)。
誰でも良かったといいながら、決して自分よりも強そうな人には襲いかからないのよね。
次に左側の記事。
昨日山形駅近くで起こった「コンビニ強盗」。
しかし「男性従業員にカッターナイフを突きつけて“1,000円出せ“と脅し、現金などを奪ったあと“警察を呼べ”と言って店内にとどまり逮捕された」とのことで、強盗が目的ではなく、捕まることが目的としか思えませんでした。
この犯人は若者ですが、近年生活苦の為、こういった軽微な窃盗をして衣食住が解決される刑務所行きを選ぶ高齢者が増加していると聞きます。
刑務所に入れば無料で衣食住はもちろん介護・看護までしてもらえるため、刑務所が負担する医療費も上昇しており、維持管理費を含め収監者1人に年間420万円程かかるとの記事を見た記憶もあります。
犯罪者を捕まえるのももちろん税金がかかるし、捕まえて収監しておくのも税金。
そしたらもっと有効的な税金の使い方をして、未然に防ぐというか、そうならないような方向で何か対策がとは思うのですが、じゃあどうすればと言うのも思いつかず・・・。
なんかもやっとした暗い気持ちになります。