昨日「クローバーの会懇談会」の中で、出席された方から「新しくできた第4わんぱくクラブで、万が一被災した際の避難場所はどのようになっていますか?中部小学校の近くには活断層があるでしょ?」というお話しがありました。
私はそのような事を聞いたことがなかったので「再度確認しますが、私も住んでいる地域なので子どもと地震のニュースが出たときに確認していますが、第4わんぱくクラブから最も近い避難場所は寒河江高校です。太い道路で歩いて3分程度ですので、そこに避難することになると思います」とお話ししました。
その方は「中部小学校よりも陵南中学校の方が安全でしょ?だって活断層が・・・」と再度お話しされていたので、しっかり調べました。
この度西日本における大雨では大変な被害が発生しております。
それらに備える意味でも、洪水と地震(活断層)が記載されている、寒河江市の防災マップをぜひこの機会に皆さんご確認頂くといいかと思います。
リンクはこちら
https://www.city.sagae.yamagata.jp/bousai/sonae/bousaimap.files/bousai-map.pdf
なお今回再確認しましたが、少なくともこのマップでは、中部小学校の近くに活断層があることは確認できません(どこからそういう話をもってきたのだろう?)。
一番近いところでは、こちらから見ると長岡山の裏側、そして幸田町から高瀬山(この活断層にかかっているため、今回市民浴場は移転する)。またそれとは別に、河北町から寒河江市島まで縦断している活断層があり、寒河江警察署がちょうどこの真上にあるので、これについては万が一の際に身動きが取れなくなると以前から危険が指摘されております。