今日は普通にお仕事で、しかも忙しかったため、おまつりの余韻に浸ることなく日常生活に戻りました。
皆さん感じていると思いますが、ほんと、このお祭りが終わったあとに一気に来る「秋」の感じはなんなんでしょうねw
さて、昨日は神輿を担いでいないのですが、寒河江八幡宮氏子の一人として、高張提灯を持って神輿の祭典に参加しました。
休憩している時に沿道で見ていた外国の方から不意に声をかけられ、「シャシンイイデスカ?コレハドコノカイシャ(の神輿)?」との質問。
私達の前が企業神輿だった為か、それとも寒河江に働きに来ていたからそう感じたのかわかりませんが、「私達はカンパニーではなくテンプルです」と説明。
そしてせっかくなのでと「サガエハチマンテンプル アミュレット」と持っていたこちら(写真参照)をお渡ししたのですが・・・。
今更ながらよく考えたら、そもそもテンプルはお寺で、神社は(シントー)シュラインだし(さっき調べた)、お守りはアミュレットだろうけど、御札はなんて言うかよくわからないし、そもそもこれは御札でもないし。
以上のことを考察した結果、私としてはこれは「サガエハチマンシュライン ラッキーチャーム」(寒河江八幡宮の縁起物=幸運の小物)に決定しました。
これ以上しっくり来る(もしくは正確な)呼び方を知っている方は是非教えて下さい。
もっとも、沿道のあの方とはもう会わないと思いますので「後の祭り」なんですけどね(まつりの後だけにw