本日は指導員・父母会・行政など、山形県内の学童保育クラブ関係者が一同に集まる、第40回山形県学童保育研究集会に報告者として参加してきました。
会場は山形市にある東北文教大学。
もしかして文教大になってから初めて来たかも?
私が大学生の頃、ここは山形女子短期大学で、芸工大からとても近く友人もいっぱいいたので、学祭とかには何度か来ましたけどね(笑)
分科会は7つに分かれており、私は第7分科会(保護者と学童の関わりについてがテーマ)で、現在私が運営会長を務めている寒河江市立中部小学校児童を対象とした放課後児童クラブ「わんぱくクラブ」の現状と、日々感じる保護者会、運営について報告させて頂きました。
ただ、ひとつだけぼやかせて頂くと、発表者は2人いたのですが、もう一人の方はしっかりとパワーポイントでつくりこまれた資料でした。私はただ単にワードで打っただけの、まさに皆さんにお伝えするためだけの状態。
事前に発表してくれたと言われたときに「発表者がみなバラバラだと根底から違って事例発表にならないだろうから、統一したフォームとか必要事項とかないんですか?」と事務局に聞いておりました。
返ってきた答えは「ありません。自分が思った事。経験したこととかをそのまま発表して下さい」とのこと。
こんな感じで参加者に配布されるんだったら、ちゃんと作ってきたのになぁw